スポンサーリンク
calculator confirm

プラグインを使わずに、WordPressを多言語化しよう!

ウェブサイト翻訳ツール - TOP ページ

以下の記事でも、紹介しましたが、WordPress には、数多くの多言語化するためのプラグインがあります。

WordPressを多言語化しよう!【プラグイン使用】
WordPress のサイトを多言語化するプラグイン「Translate WordPress with GTranslate」 ここでは、「Translate WordPress with GTranslate」のイン...

しかし、わざわざプラグインを入れなくても、多言語化できる方法を Google が提供しているんです!

そのツールを、Google では「ウェブサイト翻訳ツール」と、紹介しています。

ここでは、そのツールを使って、Web サイトを多言語化する方法を 1 から解説します。

ちなみに、タイトルには WordPress と記載していますが、WordPress 以外でも使えます!

スポンサーリンク

「ウェブサイト翻訳ツール」とは?

Google で翻訳というと、以下のような、Google が提供している翻訳ページを思い浮かべる方が多いと思います。

Google 翻訳

今回紹介するのは、この Google 翻訳の自動翻訳機能を、直接ウェブサイトで利用できるという、とても便利なツールです。

「ウェブサイト翻訳ツール」は、100 以上の言語に対応しています。

設定は、非常に簡単です。

以下の項目を入力すると、HTML と Javascript が生成され、それをサイトに埋め込むだけ。

  • ウェブサイトの URL
  • 元の言語の選択
  • 翻訳する言語の選択(複数選択可)
  • 表示する形の選択

たったこれだけで、利用できます!

「ウェブサイト翻訳ツール」を使って、サイトを多言語化する

HTML と Javascript を取得する

まずは、翻訳用の HTML と Javascript を取得する必要があります。

なので、Google ウェブサイト翻訳ツールへアクセスしましょう。

ウェブサイト翻訳ツール - Google 翻訳

以下のような画面が表示されますので、「今すぐウェブサイトに追加」ボタンを押してください。

ウェブサイト翻訳ツール - TOP ページ

次は、ウェブサイト情報を入力します。

ウェブサイト翻訳ツール - ウェブサイト情報 設定

赤枠の部分に、利用したいサイトの URL を入力してください。

ウェブサイトの言語は、利用したいサイトが、どの言語で記載されているかという事です。

言語を選択し、「次へ」ボタンを押してください。

次は、プラグインの設定です。

翻訳する言語で、すべての言語を選択すると、セレクトボックスの項目が多すぎて、使いにくいので、ある程度、絞った方が良いと思います。

Google ウェブサイト翻訳ツール - 設定 言語選択

私が選択したのは、以下の言語です。

  • アラビア語
  • イタリア語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • ロシア語
  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語
  • 中国語(繁体字)
  • 日本語

単純に中国語と書かれているものは、中国簡体字と呼ばれるもので、中国・シンガポールなどで使用されています。

中国語(繁体字)は、香港・マカオ・台湾などで使用されています。

ウェブサイト翻訳ツール - 詳細設定

表示モードと詳細設定は、ご自身のサイトに合わせて、選択してください。

私は、あまり目立たせたくなかったので、横を選択しました。

詳細設定では、データが欲しかったので「Google アナリティクスを使用して翻訳トラフィックを追跡する」にチェックしています。

最後に、「コードを取得」ボタンを押してください。

そうすると、以下のような HTML と Javascript が表示されますので、コピーして自分のサイトに張り付けるだけです。

ウェブサイト翻訳ツール - 設定完了

HTML と Javascript を配置する

貼り付け方法については、WordPress のテーマなど環境に依存されるので、割愛します。

header.php や footer.php に直接記述したり、テーマで準備されているので、あればそこにペーストするなどしてください。

テキストウィジェットにペーストして、好きな場所に配置するのが、一番楽かもしれません。

ちなみに、以下のような感じで、表示されます。

ウェブサイト翻訳ツール - 表示

これで完了です。お疲れ様でした。

コメント