スポンサーリンク
calculator confirm

SEO 対策に役立つツール・サービス

SEO Tools

SEO 対策、コンテンツ作成に役に立つツールやサービスを、ここでは紹介したいと思います。

スポンサーリンク

無料ツール・サービス

Google 公式ツール・サービス

【必須】 Google Search Console(サーチコンソール)

通称サチコ。(旧:ウェブマスターツール)

パフォーマンスやトラフィックなど自分のサイトを監視・管理できるツールです。

自サイトの合計クリック数や測定された掲載結果のグラフ表示。

また、インデックス、AMP、構造化データのカバレッジなど、サイトについての様々な指標をグラフや表で表示してくれます。

更に、発生している問題のトラブルシューティングも行う事ができます。

主な機能

  • 検索での見え方(構造化データなど)
  • 検索パフォーマンス
  • Google インデックス
  • クロール
  • セキュリティの問題

2018 年 1 月から、新しい Search Console(サーチコンソール)のベータ版を試すことができるようになりました。

検索パフォーマンスレポートは、過去 3 か月分しか参照できませんでしたが、ベータ版は、過去 16 ヶ月分のデータを利用できます。

また、いくつかの URL のインデックスを作成していない理由が追加されていたり。

新しい問題が検出されたときに警告を出したり、修正状況を管理しやすくするなど、問題の解決状況をトラッキングする新機能などが追加されています。

しかし、ベータ版は、まだ機能が制限されており、随時公開されるそうです。

主な機能(ベータ版)

  • 検索パフォーマンス
  • インデックス カバレッジ
  • AMP ステータス
  • Job Posting (求人情報ステータス レポート)

より詳しく Search Console(サーチコンソール)について、知りたい方は、「【超重要】旧Google Search Console(サーチコンソール)の使い方!」をご覧ください。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

PC・モバイルでの表示速度を検証できるツール。

表示速度を点数で、分かりやすく教えてくれます。

また、ページの統計情報や、問題となっている点も教えてくれますし、CSS や画像は、Google が最適なサイズに圧縮してくれたものをダウンロードすることができます。

2018 年 7 月から、以下の通り、表示速度が SEO の評価要素に加わります。

大騒ぎすることはありません。

本当にものすごく遅いページだけが影響を受けます。

引用:Googleがスピードアップデート(Speed Update)を導入、2018年7月からページ表示速度をランキング要因に – 海外 SEO 情報ブログ

Google では、極端に遅く無ければ問題ないと言っていますが、一応、注意しておきましょう。

以下の通り、2018/7/9 に導入されました。

チェック項目

  • サーバーの応答時間を短縮する
  • ブラウザのキャッシュを活用する
  • 圧縮を有効にする
  • CSS を縮小する
  • HTML を縮小する
  • JavaScript を縮小する
  • スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する
  • リンク先ページのリダイレクトを使用しない
  • 画像を最適化する
  • 表示可能コンテンツの優先順位を決定する

より詳しい情報が知りたい方は、「Google 公式ツールで、ページ表示速度をチェック・改善する!」をご覧ください。

Lighthouse

lighthouse - result

サイトのパフォーマンスや使いやすさなど、そのページの品質チェックを行い、その改善案を教えてくれる Chrome の拡張機能です。

チェック項目

  • サイトのパフォーマンス
  • プログレッシブ ウェブアプリ対応状況
  • サイトの読みやすさ・使いやすさ
  • ベストプラクティス
  • 基本的な SEO 対応状況

詳しくは、「Googleが、SEO対策をチェックくれるツール紹介!」をご覧ください。

ページ表示速度チェック ツール・サービス

GTmetrix

gtmetrix

Google PageSpeed Insights と同じように、ページの表示速度を計測してくれる無料のサービス。

違いは、ボトルネックになっている(時間がかかっている)ところを、かなり詳しく指摘してくれるところ。

例えば、サーバーのレスポンスが悪いとか、JS の読み込みに時間がかかっているとか、JS でも、このファイルの読み込みに時間がかかっているかなど、非常に具体的に教えてくれます。

また、読み込んだファイル毎に、どれだけ時間がかかったか、グラフ化して表示してくれます。

チェック項目

  • サーバーの応答時間
  • JS・CSS・画像 の読み込み速度
  • コンテンツの読み込み速度
  • ページサイズ
  • リクエスト数

SEO 内部対策チェック ツール・サービス

SEO チェキ!(SEO Cheki)

SEO Cheki

タイトルやキーワードなど SEO 内部対策に重要なタグ情報から検索結果順位まで、SEO に役立つさまざまな情報を、調査することのできるツール。

2009 年に公開されたツールで、検索結果順位やキーワード出現頻度などは役立つと思いますが、SEO 対策としては、時代遅れ感が否めません。

ちなみに、このツールは、あくまで設定されているタグの内容を見ることができるだけで、SEO 内部対策の状況をチェックするツールでは無いので、ご注意ください。

主な機能

  • サイト SEO チェック
    • meta title・meta description・meta keywords・h1 タグの確認
    • 最終更新日時・ファイルサイズ
    • 発リンク数(内部リンク・外部リンク)
    • Google・Yahoo! の被リンク数・インデックス数
    • 利用ホスト・ドメインの登録年月日
    • ソーシャルブックマーク登録数
  • 検索順位チェック
  • キーワード出現頻度チェック
  • 被リンク元チェック
  • 検索上位サイトチェック
  • 発リンクチェック
  • Whois 情報
  • HTTP ヘッダ情報

h1 タグ評価チェックツール

h1 タグ評価チェックツール

SEO ラボ(株式会社ディーボ)が提供しているツール。

対策 URL と、キーワードを入力すれば、競合上位 10 位平均と比較してくれます。

評価は、あまり気にする必要は無いと思いますが、一応、こんなのもありますよってことで。

チェック項目

  • 文字数
  • キーワード出現率
  • 先頭キーワード

Itomakihitode.jp

Itomakihitode

数ある SEO 要素の中から検索エンジン順位を決定する重要な要素をまとめて確認することができる無料のツール。

サイト URL とキーワードを入力するだけで、検索結果上位 10 サイトと自サイトの SEO 要素を比較できます。

項目毎に競合サイトとの優劣を、レーダーチャートや具体的に数値化して表示してくれるので、非常に分かりやすいです。

検索結果の上位サイトと比較するという、素晴らしい考え方のツールだと思います。

実際に、検索エンジンが評価しているサイトを分析することが、SEO 対策で最短のルートでしょう。

但し、無料版では、一日に 1 回しか利用できませんので、ご注意を。

主なチェック項目

  • Yahoo! JAPAN、Google、Bing の検索順位
  • title タグ、meta description、meta keywords の内容とキーワードの強調表示
  • 自社サイトと競合上位10件平均の SEO 要因状況レーダーチャート
  • 自社サイトと競合サイト上位10件平均値、および診断内容表示
    • ページランク
    • Yahoo! カテゴリ
    • ドメイン年齢
    • インデックス数
    • 被リンク数・被リンクドメイン数
    • 総単語数
    • 内部発リンク数・外部発リンク数
    • キーワード比率・キーワード出現数

Varvy SEO tool

SEO - Tools - Varvy

URL を入力するだけで、基本的な SEO 対策が出来ているかどうかを確認できる、非常によくできた無料のサービスです。

海外のツールなので、解析結果は、全て英語で表記されますが、そんなに難しい英語は使われてません。

丁寧に、改善方法まで教えてくれます。

無料でこれほど、ユーザーに優しいツールは、そうそうありません。

チェックできる内容

  • Googlebot がアクセスできるか
  • robots.txt の指定方法
  • モバイル表示
  • セキュリティ(HTTPS)
  • アクセシビリティ
  • ページ表示スピード
  • 画像 Alt 指定
  • サイトマップ指定
  • HTTP ヘッダー確認
  • リンク切れチェック
  • リンク量の確認
  • HTML 構成確認

SEO 高屋

SEO 高屋

URL を入力するだけで様々な SEO に関する内容を分析・診断してくれるツールです。

但し、既に形骸化しており、SEO 対策ツールとしては、役に立つとは思えません。

PageRank などの廃止された項目も残ったままになっており、機能追加やメンテナンスもされているとは思えませんので、他のツールを使う事をおすすめします。

キーワード(Keyword)選びに役立つ ツール・サービス

キーワードウォッチャー(一部、有料)

Keyword Watcher

株式会社クロスリスティングが提供している、該当キーワード、国内で検索された検索数(過去 13 ヶ月分)が分かるツール。

SEO に効果的なキーワード、ニッチなキーワード、トレンドを把握したい方には、非常に便利なツールだと思います。

また、「関心スコア」という独自の指標を基に、ユーザーの関心が高いと思われるサジェストキーワードと、そのキーワードの検索ボリュームまで、表示してくれる機能もあります。

無料プランでは、月額検索数上限が 20 回、表示件数は、20 件という制限があります。

OMUSUBI

Omusubi - Tools Service

入力したキーワードのサジェストを視覚的に表示して、教えてくれるツール。

広告が多くて、色々設定する必要があるように見えますが、画像のように、右上の入力欄に、キーワードを入力して、「検索」ボタンを押すだけです。

Google だけでなく、YouTube・Amazon、Wikipeia など調査する対象を変更することもできます。

キーワード選びに悩んでいる時には、役立つと思います。

検索順位の変動チェック ツール・サービス

SEO なまず(Namaz)

SEO Namaz

株式会社ディーボが運用している「旅行・観光」や「健康と医学」などジャンル毎に、検索順位の変動幅を無料で教えてくれるツールです。

突然、運営しているサイトの順位が、上がった・下がったという場合に、サイトに何が起こっているのか判断できない場合があります。

改修した結果が良かった・悪かったのかもしれませんし、パンダやペンギンなど Google が大きくアルゴリズムを変更したのかもしれません。

そういった際に、周りと比較し状況を把握するのに役に立つツールです。

PC・モバイルで個別に調べる事ができ、あらかじめアラートメールを申し込んでおけば、大きな変動があった場合に、アラートメールを受け取ることができます。

個々のサイトの変動順位では無いので注意してください。

HTML・CSS 書式チェック ツール・サービス

Unicorn – W3C 統合検証サービス(Markup Validation Service)

Unicorn - W3C 統合検証サービス - Markup Validation Service

W3Cが提供している HTML・CSS の書式チェックしてくれるツール。

チェック方法

  • URL を直接指定
  • ファイルをアップロード
  • 直接入力

診断結果は、一部、英語表記ですがが、どこがダメなのか具体的に教えてくれるので、非常に分かりやすいです。

SEO に直結するわけではありませんし、全くエラーが無い状態にするのは、中々難しいです。

しかし、検索エンジンに正しく認識してもらうためにも、極力エラーは無くしておいた方が良いでしょう。

リンク切れチェック ツール・サービス

Link Checker

W3C - Link Checker

W3Cが提供しているリンク切れをチェックしてくれるツールです。

検索エンジンはリンク切れを非常に嫌います。

WordPress のリンク切れ確認プラグインを利用している方には、無用なツールですが、あの種のプラグインは非常に重いです。

なので、プラグインを使いたくないって方や他の CMS、SIRIUS(シリウス)、自製でサイトを作られている方には非常に便利なツールだと思います。

英語表記のみですが、基礎的な HTML の知識のある方なら、大体分かると思います。

コメント