スポンサーリンク
calculator confirm

SEO対策で知っておくと役立つ用語集

glossary

初級編に続いて、ここでは、SEO 中級・上級者の方を対象に、用語を解説したいと思います。

あまり詳しく無いという方は、まず、以下の初級編をご覧ください。

初心者が最低限知っておくべきSEO対策用語集
SEO を勉強している方の中には、専門の用語が多く、はかどらないという方も多いと思います。 そこで、ここでは、初心者ブロガーや、Web サイト運営を任されたけど、そんなに経験が無いという方を対象に。 基礎的な用語...
スポンサーリンク

404 エラー(not found)

存在しないページを表示しようとした場合、そんなページは存在しませんと、サーバー側が返すエラーの事です。

このエラーには、ソフト・ハードの 2 種類があります。

ハード 404 エラー

一般的に 404 エラーと言えば、このハード 404 エラーを指します。

実際に、該当する URL に情報が無い場合に、表示されますエラー。

レスポンスに、ちゃんとエラーコード 404 を渡している場合の事です。

ソフト 404 エラー

システム側で、あらかじめ準備した 404 エラー用の「ページが見つかりません、存在しません」などのエラーページを表示する。

しかし、レスポンスには、正しく表示されたという、ステータスコード(コード 200)を返す方法です。

カニばり

似たようなキーワードでページを作成し、検索エンジンからの評価を双方のページで食い合っている状態。

cache(キャッシュ)

ウェブページなどの情報を保存しておいて、次回表示時に、高速で表示する仕組みのこと。

キャッシュには、一般的に 3 種類あります。

メモリーキャッシュ

処理速度を上げるため、PC の中に内蔵されたメモリーが保存するキャッシュの事です。

これは、あまり意識しないで良いと思います。

ブラウザキャッシュ

Chrome や Firefox、IE など、ブラウザが保存するキャッシュの事です。

1 度、Web ページを表示すると、画像や CSS などの情報をブラウザが勝手に保存します。

そうすることで、2 度目以降にすばやくそのページを表示できるようにする仕組みです。

ブラウザーキャッシュは、何も設定していない場合は、ずっとたまり続け HDD の容量を食ってしまうので、気を付けましょう。

Web サーバーキャッシュ

Web サーバー側で保持するキャッシュです。

ブラウザーキャッシュのサーバー版みたいなものです。

WordPress などのキャッシュ系のプラグインは、このタイプです。

毎回、DB にアクセスすると効率的では無いため、一度アクセスされるとそのキャッシュ情報を保存し、次回からは、その情報をユーザーに表示します。

このタイプは、管理側で何かしら変更をした場合、変更内容が反映されないため、一度、キャッシュを削除する必要が出てきます。

Googlebot(グーグルボット)

Google で使用されているクローラの一般的な名称です。

Googlebot は、常時、馬車馬のように働き、ウェブページをクロールしています。

「スパイダー」と呼ばれる場合もあります。

SERPs(サープス)

「Search Engine Result Pages」の略。

検索エンジンの検索結果のこと。

クロールバジェット

簡単に言うと、Googlebot などのクローラーが、クロールすることができる上限数みたいなもの。

あまり気にする必要はありません。

公式ブログでも、以下のように言われているので、そんな言葉があるのね~ぐらいで良いと思います。

クロール バジェットとは、ほとんどのウェブマスターの方々にとって気にすべきものではない、ということです。

新しいページが公開された当日にクロールされることが多い場合、ウェブマスターの方がクロール バジェットを重視する必要はありません。

同様に、数千以下の URL 数しか持たないサイトにおいては、ほとんどの場合、クロールは効率的に行われるでしょう。

引用:Googlebot のクロール バジェットとは? – Google ウェブマスター向け公式ブログ

より詳しく知りたい方は、以下の公式ブログをご覧ください。

Googlebot のクロール バジェットとは?
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

クローラビリティ

Googlebot などのクローラーが、クロールしやすさを表す言葉です。

上記、クロールバジェットとは違い、こちらは重要です。

クローラーが、クロールしにくいと、その記事自体を見つける事ができず、インデックスされない恐れがあるためです。

当たり前ですが、インデックスされなければ、検索結果にも表示されません。

対策としては、「内部リンクの最適化」、「ディレクトリの階層を深くしない」などがあります。

QDD

「Query Deserves Diversity」の略。

検索エンジンが、入力されたキーワードから、ユーザーが何を求めているか分からない場合などに、少し幅を持たせた検索結果を表示するアルゴリズム。

QDD に関しては、Google が存在すると認めている訳ではなく、名前も SEO 関係者が、勝手に QDD と呼んでいるだけです。

しかし、Google のリサーチ・ディレクター Peter Novig 氏が、

Google はいちばん人気のある結果を1位に表示して、ユーザーが望まないだろうからその次の2位には1位と同じような結果を出さないようにしている。

ユーザーは多種多様な情報を求めている。

引用:QDD(Query Deserves Diversity)とは? Googleが2位以下に出すのは様々なタイプのページ – 海外 SEO 情報ブログ

と言われている通り、QDD に該当するアルゴリズム自体は、存在する可能性が高そうです。

RankBrain(ランクブレイン)

Google が、3番目に重要なランキングの指標としている項目。

機械学習(AI)を使い、ユーザーが入力した検索クエリを処理して理解するアルゴリズムの事。

詳しくは、「Google RankBrain 完全ガイド 2019年版|今のSEOは滞在時間や離脱率も重要?」参照。

参考になる記事

検索語句レポートについて - Google 広告 ヘルプ
検索ネットワーク内の実際の検索で表示された広告の掲載結果は、検索語句レポートで確認することができます。この

コメント