【アフィリエイト】キーワードを選定するときに、勉強になる記事!

keywords - キーワード

前回は、ジャンル選びに関する、有名ブロガー・アフィリエイターの方々の記事を紹介しました。

今回は、キーワード選定に関する、有名ブロガー・アフィリエイターの方々記事を、厳選して紹介します。

ジャンル選びも大事ですが、キーワード選定も、めちゃくちゃ大事です。

成功するか・失敗するか、キーワード選定で 7割方決まると言っても過言ではありません。

キーワード選定でミスをすると、せっかく書いた記事も、ムダになります!

センパイ達の記事から、しっかり学んで、自分のサイトに活かしましょう!

紹介している順番に、特に意味はありません。

スポンサーリンク

SEO キーワード選定する方法。具体的に 5つの手順で解説します。【manablog】

「manablog」は、ブロガーでは知らない人はいない「マナブさん(@manabubannai)」が運営されているサイトです。

「manablog」の中で、紹介されている手順は、

  • メディアが獲得を目指すキーワードを確定する
  • キーワードプランナーでキーワード調査をする
  • キーワード選定ツールで抽出したキーワードを分類していく
  • キーワードごとに想定読者と記事内容を考える
  • ライティング中に必要と感じた『派生キーワード記事』を作成する

引用:SEO キーワード選定する方法。具体的に 5つの手順で解説します。

まずは、メインとなるキーワードを決めます。

メインキーワードを決める時は「購入に近いか」という事も意識しましょう。

次に、Google キーワードプランナー を使って、洗い出しを行い、分類します。

その後、そのキーワードに沿った、記事を書くと紹介されています。

また、記事を書く際には、以下の記事で紹介されている「検索ニーズ」も注意しましょう。

この記事の中で、Ubersuggest というキーワード候補を取得できるツールが紹介されています。

このツール、かなり進化していて、かなり便利な大注目のツールです。

キーワードプランナーより簡単!無料キーワードツール、ウーバーサジェスト
キーワードツール・サジェストツール、ウーバーサジェスト(Ubersuggest)が最近、日本語化しました。そこで今回はキーワードプランナーとの違いや、ウーバーサジェストの使い方、便利な機能などを紹介します!無料かつ、かなり便利なツールです。

アフィリサイトのキーワード選びの 3つのポイント【寺子屋 SEO ブログ】

「寺子屋 SEO ブログ」は、セミナー講師などもされている、有名アフィリエイター「アクセルさん(@axcel0901)」が運営されているサイトです。

「寺子屋 SEO ブログ」の中で、キーワード選びの重要なポイントとして紹介されている記事

アフィリサイトのキーワード選びの3つのポイント
どうもアクセルです。最近のGoogleの検索結果は、SEOのノウハウやスキル以前にキーワード選びがとても重要だと感じています。自分は、既存サイトのメンテナンスをしながら、最低でも3か月に1回はそこそこ難しいキーワードを狙うためのサイトを新規

この記事の中で、重要だと言われているのが、以下の 3点!

  • 楽天・Amazon が強すぎるワードは選ばない
  • キーワードプランナーを見ない
  • 狙うワードと狙っているワードを変える

引用:アフィリサイトのキーワード選びの 3つのポイント

1つ目については、説明不要でしょう。

2つ目の「キーワードプランナーを見ない」

これは、意外だった人も多いのではないでしょうか?

一見すると、マナブさんが言われていた事とは、違うような気がします。

しかし、マナブさんは、別記事の中で、キーワードプランナーについて、以下のように書かれています。

「キーワードが抽象的な言葉だと、検索ボリュームと訪問者数が大きくズレる」

別記事:キーワードプランナーの検索ボリュームを鵜呑みにしてはいけない理由

最後の「狙うワードと狙っているワードを変える」

これは、類義語・共起語を上手く使うという事だと思います。

検索意図が同じであれば、キーワードは違っても、同じようなサイトを上位表示するのは、知っていました。

しかし、キーワード自体を変えるという発想は、中々、思い浮かばないと思います。

また、マナブさんと同じように、ユーザーの検索意図を考えないといけないと言われています。

キーワードの検索意図を調べる方法
どうもアクセルです。サイト作りをする上でヒントになるのが、サジェストキーワードです。このサジェストキーワードの検索意図を間違えると、ユーザーは離脱し、報酬があがりません。自分の知りたい情報ではないから当然ですよね。そればかりか最近のGoog

また、ツイキャスでも、解説されていらっしゃるので、紹介します。

キーワードの選び方について

キーワードの選び方【Parallel Road】

Ryota@パラレルワーカー(パラレルロード) (@Blue_Rat_Web)さんはTwitterを利用しています

「Parallel Road」は、ツイッターのフォロワー 6,000人以上、最高月収 120万を兼業で達成されたブロガー「Ryota(@Blue_Rat_Web)」さんが運営されているサイトです。

「Parallel Road」で、紹介されているのは、

  • NAVER まとめか知恵袋系が上位にいる
  • 大手の法人・Amazon・楽天・価格.com がいない
  • 同じキーワードのタイトルで上位獲得サイトがない

引用:アフィリエイト初心者でも上位獲得を狙える”キーワード選定”の方法

ライバルは、少ない方が良いということ。

アクセルさんと同じ考え方ですね。

特に、検索ボリュームの大きなものではなく、小さなものを狙って記事を書こうと言われています。

どれくらいが大きくて、小さいのか。

それは、個人でかなり違いますが、個人的には、1000 以下が小さいものかなと思っています。

2つ目に記載されていることは、マネタイズに関する事なので、別の機会に紹介しますね。

アフィリエイト初心者でも上位獲得を狙える"キーワード選定"の方法 - Parallel Road
「アフィリエイト初心者だけど、キーワード選定が分からない…。どうやっても検索上位が取れない。」というあなたへ。どういうキーワードなら検索上位が取れるのか。どうやってマネタイズすれば良いのかを解説します。どうぞお役立てください。

その後の、記事の書き方について

Ryota さんは、Google キーワードプランナー 関連キーワード取得ツール の両方を利用して、キーワード候補の洗い出しをされています。

Ryota さんは、検索ボリュームまで、再度、調査した上で、マナブさん・アクセルさんと同じようにマインドマップを利用して、分類。

それを元に、記事を書くことで、重複を防いだり、類似キーワードを整理されています。

また、同じようにユーザーの検索意図が大事だと言われています。

SEO に強い記事を書くための、9つの鉄板テクニック(初級 ~ 中級者向け)【ブログ部】

「ブログ部」は、ブログ歴 6年、Webマーケ歴 15年の副業ブロガー「Sanzzo|サンツォさん(@UNDERCOVER_ing)」が運営されているブログです。

長年、ブログを運営を経験した方の言葉は、重みがあります。

「ブログ部」の中で、キーワードの選び方で、重要なポイントとして紹介されている記事

【SEOに強い記事】を書くための9つの鉄板テクニック | ブログ部
アクセスや収益を増やすためには、SEOに強い記事を作る必要があります。 なぜならブログやアフィエイトサイトのアクセスの7~9割は検索からの流入だからです。 検索エンジンの評価に影響する要素はぜんぶで200項目以上あると言われておりますが

この記事で、重要だと言われているのは 3つ!

  • どんな言葉で検索するのかを想像しよう!
  • 検索数が多い言葉を選ぼう!
  • 1記事に 1キーワードが基本!

引用:SEOに強い記事を書くための、9つの鉄板テクニック(初級 ~ 中級者向け)

検索数が多い言葉を選ぼう!

記事の中では、ダイエットという言葉が紹介されています。

「ダイエット」「痩せたい」「減量」など、同じような意味のことばがあります。

もし、キーワード選びで迷うようであれば、検索ボリュームの多いものを選びましょう。

他の方と、ちょっと違う意見ですね。

もちろん、検索ボリュームが多い方が良いのですが、それぞれの言葉で、ライバルが違います。

なので、個人的には、ライバルが少ない、もし、いたとしても弱いライバルのキーワードを選んだ方が良いと思います。

1記事に 1キーワードが基本!

これは、基本中の基本です!!!

1つの記事で、複数のキーワードを狙うのは、絶対ダメ!!!

何が書かれているのか、分かりにくくなり、ユーザーだけでなく、

Google も何を言っているのか分からず、上位表示されにくくなります。

SEO のキーワード選定方法:キーワードリサーチ術【儲け学】

Yoshiaki Miya / 宮 義明 (@moukegaku)さんはTwitterを利用しています

「儲け学」は、行政書士・SEO コンサルという異色の経歴を持たれている「宮 義明さん(@moukegaku)」が運営されているサイトです。

「儲け学」の中で、紹介されている事。

それは、Google キーワードプランナーで、効果的なキーワードを探すという事です。

まず、キーワードプランナーを使って、キーワードの候補を上げます。

そして、「ユーザーの検索意図」を考慮し、ライバルの少ない・弱いキーワードを選ぶ。

という、手順が紹介されています。

つまり、儲け学さんも検索意図を、大事にしているということですね!

ここでは、ざっくりと手順を紹介しましたが、記事では、非常に細かいところまで、分かりやすく掲載されています。

実際に記事を見れば、迷うことは無いでしょう。

他の方の記事に無かったものとして、大きく 2つの事があります。

一つ目は、検索意図を、より詳しく、4つのタイプに分けて、紹介されている事。

二つ目は、ライバルの強弱の判断基準が、詳しく紹介されています。

この 2点は、必ず読んでいた方が、良いでしょう。

キーワード選定に関するまとめ

  • 1記事に 1キーワードとすること!
  • キーワード選びが、記事を書く(儲ける)上で、もっとも重要と言っても過言では無い
  • Amazon・楽天・価格.com などの大手を相手にしない
  • それぞれのキーワード毎に「ユーザーの検索意図」を考える

これ以外に、

「アフィリでは、どれだけ成約に近いキーワードか」

という事も、考慮しましょう。

最後に、マインドマップについて

ご存知の方も多いと思いますが、マインドマップは、情報や思考を整理するための手法です。

知っておくと、めっちゃくちゃ便利です!

マインドマップに関する書籍は、数多く出版されていますので、近くの図書館で探してみて下さい。

手元にずっと置いておきたいという方は、こちらの本がおすすめです。

コメント