WordPressに簡単なパスワードをかけて、サイトを守ろう!

ワードプレス プラグイン - Password Protected

テスト中や、仲間だけなど、限られた人だけ、サイトを見れるようにしたい。

そういった場合、普通、Basic 認証と呼ばれる方法で行う事が、一般的です。

Basic 認証とは、HTTP で定義される認証方式の一つ。

基本認証と呼ばれることも。

Basic 認証では、ユーザ名とパスワードの組みをコロン “:” でつなぎ、Base64 でエンコードして送信する。

このため、盗聴や改竄が簡単であるという欠点を持つが、ほぼ全ての Web サーバおよびブラウザで対応しているため、広く使われている。

引用:Basic 認証 – ウィキペディア(Wikipedia)

設定自体は、それほど難しい訳ではないんですが、ちょっとだけネットワークの知識が必要になります。

なので、誰でも使えるように WordPress のプラグインで、簡単に設定できるものを探しました。

そして、見つけたプラグインが、今回紹介する「Password Protected」です。

Password Protected
とても手軽に、WordPressのサイトにパスワード保護をかけられます。
スポンサーリンク

「Password Protected」で出来る事

  • サイト全体を、1つのパスワードで制限をかけられる
  • 簡単に有効・無効を切り替えられる
  • 余計な設定が無く、シンプル
  • 日本語化されている

「Password Protected」を導入する

「Password Protected」をインストールする

その他のプラグインと同じです。

ご存知の方は、次の設定まで、読み飛ばしてください。

管理画面にログイン。

左メニュー「プラグイン」-「新規追加」を選択します。

ワードプレス プラグイン - Password Protected - インストール

その後、右上の検索窓に「Password Protected」と入力

「Password Protected」の「今すぐインストール」ボタンを押してください。

インストール後には、「有効化」を忘れずに!

「Password Protected」の設定を行う

「Password Protected」は、インストール後、プラグイン名で表示されませんので、注意してください。

インストール済みプラグイン一覧では、以下の画像のように、「パスワード保護」と表示されます。

ワードプレス プラグイン - Password Protected - プラグイン一覧

左メニュー「設定」-「パスワード保護」を選択。

もしくは、「プラグイン」-「インストール済みプラグイン」から「パスワード保護」の「設定」リンクをクリックしてください。

ワードプレス プラグイン - Password Protected - 設定画面

設定項目は、6つのみで、設定すべき内容は、以下の 4つです。

設定すべき項目

  • パスワード保護状況:「有効」にチェック
  • 許可する権限:「管理者を許可する」にチェック
  • 新しいパスワード:好きなパスワードを入力
  • Allow Remember me:チェック
設定項目

  • パスワード保護状況:保護するかしないか
  • 許可する権限:管理者・利用者などパスワード入力を求めない権限の設定
  • 新しいパスワード:パスワード
  • 許可する IP アドレス:IP アドレス制限(ネットワークの知識がない人は、未設定を推奨)
  • Allow Remember me:「ログインしたままにする」チェックボックス表示
  • Remember for this many days:パスワードを保存しておく日数

「変更を保存」ボタンを、忘れずに押してください。

以下のような画像が表示されれば、設定完了です。

ワードプレス プラグイン - Password Protected - 設定完了

お疲れ様でした!

コメント

  1. […] Password Protectedを使えば簡単にできる。プラグインのアドレスなどhttps://seo.info-station.net/wordpress-plugin-password-protected/からチェックして!内容を入力してください。 […]