スポンサーリンク
calculator confirm

作業効率の上がる!WordPressのおすすめプラグイン

plugin

Web サイトでも、ブログでも、出来る限り、記事を作成に多くの時間をあてたいですよね。

有難いことに、WordPress には、記事を書くための効率を上げるもの、自動で様々なチェックを行ってくれるプラグインがいくつもあります。

この記事では、そんな便利なプラグインを紹介します。

ここで紹介しているプラグインを使えば、記事を作成スピードが上がる事、間違いなし!

プラグインには、相性の良し悪しがあって、導入すると動かなくなったりすることがあります。

なので、導入する場合には、バックアップを忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

おすすめプラグイン

記事作成の作業効率アップ

AddQuicktag

wordpress plugin - addquicktag

よく使う HTML タグや、定型文を事前に保存しておき、ボタン一つで追加することができるプラグインです。

このプラグインを使う事で、記事作成する速度は、一気に向上します!

WordPress を使うのであれば、必須のプラグインと言ってもいいでしょう。

また、設定を JSON ファイルとしてエクスポートすることが可能。

なので、一度設定してエクスポートしておけば、新しいサイトでは、インポートするだけ。

複数のサイトを運営していても、いちいち設定する必要はありません。

参考程度に、私が登録しているタグの一部を紹介したいと思います。

  • h2・h3・h4 タグ
  • blockquote タグ
  • p・div タグ
  • span タグ(太い赤字・太いオレンジ)

AddQuicktag の設定については、「Naifix」さんが、非常に分かりやすく紹介してくれていますので、そちらをご覧ください。

AddQuicktag設定方法と使い方詳細解説-記事執筆効率を格段にアップさせるプラグイン
AddQuicktagを使うと、エディタに装備されているボタンを消したりオリジナルボタンを追加することができます。よく使うタグや定型文を登録しておいて、記事作成の効率をアップさせましょう。詳細な設定方法と使い方をご覧ください。

サイトマップ作成

PS Auto Sitemap

wordpress plugin - ps auto sitemap

Web サイトの全ページを、一覧で表示するサイトマップ。

そのサイトマップを、自動で作成してくれるプラグインです。

サイトマップは、必ずしも必要という訳ではありません。

しかし、作っておけば、ユーザーが迷うことなく目的の記事を探しだせ、離脱率の低下につながります。

また、Google でも推奨しているので、作っておくことをおすすめします。

設定方法については、「バズ部」さんが、分かりやすく紹介していますので、そちらをご覧ください。

PS Auto Sitemapの設定方法と使い方
WordPressのプラグイン「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップページを自動生成する方法を解説します。これによってユーザービリティが向上し、アクセス数の増加が期待できます。

リンク切れチェック

Broken Link Checker

wordpress plugin - broken link checker

投稿・コメント・その他のコンテンツなど、記事内に記載された、リンク切れを起こしているリンクや、存在しない画像がないかをチェックしてくれます。

もし、見つかった場合は、メールでの通知・ダッシュボードに表示してくれます。

Google はリンク切れを起こしているリンクや、表示できない画像を嫌います。

自動で全てチェックしてくれますので、多少、表示速度が悪くなるようですが、入れておきたいプラグインの一つです。

常に有効化しておくのではなく、普段は無効にしておいて、定期的に有効化するという使い方でも良いと思います。

細かく設定することもできますが、デフォルト設定のままで問題無いと思います。

問い合わせフォーム

問い合わせフォームなんて、要らないと思ってませんか?

しかし、サイトを見た人から意見をもらうことで、記事の足りない部分を指摘してもらえたり、書籍化の依頼などが来たりすることもあるらしいです。

また、問い合わせフォームを設置していないと、Google Adsense に受かりにくいと言われています。

Contact Form 7

wordpress plugins - contact form 7

ショートコードを一行添追加するだけで、問い合わせフォームを簡単に作成できる日本製のプラグイン。

このプラグインだけで、問い合わせ時に必要なメールアドレスやテキストボックス。

それ以外にも、数値やラジオボタンなどの追加項目、承諾確認ボックス、自動返信メールまで全部やってくれます。

設定方法は、以下の記事を参考にしてください。

WordPressプラグインを使って、問い合わせフォームを作ろう!
問い合わせフォームなんて必要ないと思ってませんか? Google Adsense(アドセンス)で、収益化したい場合には、問い合わせフォームが必要なようです。 やっとGoogle AdSenseの審査通...

リダイレクト

Redirection

wordpress plugin - redirection

ある URL を別の URL へリダイレクトさせることができるプラグイン。

パーマネントの設定を間違った時、サイト移転したが「.htaccess」ファイルを使ってリダイレクトの設定が出来ないなどに使えます。

ステータスコードも、URL 毎に、301 など設定する事ができます。

使いどころが限られているので、こんなプラグインもあるのかと知っておく程度で良いと思います。

設定方法は、「TechAcademy マガジン」さんが、画像付きで解説してくれていますので、そちらをご覧ください。

Redirectionの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】
WordPressのプラグインの使い方を紹介する記事です。サイトが移転した時や別のサイトに移動させたい時に便利なプラグイン、Rdirectionの使い方について解説していきます。

バックアップ・リストア

UpdraftPlus – Backup/Restore

wordpress plugin - updraftplus

記事や WordPress の環境など、丸ごとバックアップを取ることができるプラグインです。

WordPress は、サイト改ざんや不正プログラムによる攻撃などが、多い事で有名です。

もし、そういった不慮の事故にあっても、すぐに元に戻せるように、バックアップは必須!

また、バックアップは、同じサーバー上に保存しても、全てを改ざんされてしまう場合があります。

この UpdraftPlus は、簡単にクラウド環境に保存できるようになっています。

以下の記事を参考に、設定してください。

【超簡単】WordPressを自動でバックアップする方法!
いぬ先生 ひよこくん、WordPress は、今どれくらい使われているか知っているかい? ひよこくん 「Web 上の 30% 以上のサイトで、使われている...

収益化

Rinker

Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングに掲載されている商品を、簡単にブログや Web サイトを掲載し、アフィリエイト報酬を受けられるプラグインです。

ブログで収益を上げようと思っているなら、必須のプラグインと言ってもいいでしょう。

ただし、事前に、各 ASP などと契約しておく必要があります。

導入方法については、公式サイト下部の「プラグイン紹介」で、数多くの記事が紹介されていますので、そちらを参考にしてください。

商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト
目次Rinker(リンカー)とは?Rinkerの特徴利用規約利用環境についてライセンスについてサポートについて今後追加の機能について免責事項Rinkerの運営状況Rinkerの応援方法ダウンロードRinkerベーシック謝 ...

コメント