スポンサーリンク
calculator confirm

【PHP】Laravel 開発環境の構築(Windows版)

Laravel - PHP フレームワーク

Laravel の公式サイトでもアナウンスされている Homestead を使った開発環境の構築方法を紹介します。

この記事は、Linux に関して多少知識のある方、もしくは、私が記述した内容を、そのまま素直に実行できる方を対象にしています。

管理人は、Windows 環境で構築していますが、Mac でもほとんど、作業内容は変わりません。

スポンサーリンク

Laravel とは、なんぞや?

開発環境を構築する前に、ざっくりと Laravel の情報を紹介。

  • MVC モデルの軽量な Web アプリケーションフレームワーク
  • .NET の開発に関わっていた Taylor Otwell が開発
  • PHP フレームワークの中では最も人気がある(2019年・現在)

ローカルに Laravel 開発環境を構築

手順

  1. Git for Windows インストール
  2. VirtualBox インストール
  3. Vagrant インストール
  4. Laravel Homestead 環境構築のセットアップ

Git for Windows をインストール

「Git Bash」を利用したいので、「Git for Windows」をインストールします。

Git for Windows にアクセスして、ファイルをダウンロード。

Git について知らない方や、インストール手順は、「【初心者向け】Gitのインストール方法をわかり易く解説(画面付き)」を参考にしてください。

微妙に表示内容が変わっているけど、基本的には、紹介されている通りにやれば、問題なくインストールできます。

VirtualBox のインストール

VirtualBox にアクセスして、ファイルをダウンロード。

Vagrant からインストールしてもいいのだが、Vagrant インストール完了時に、再起動しろと言われるので、VirtualBox からインストールした方が効率的です。

インストール時の設定は、デフォルトのままで、特に変更する必要はありません。

VirtualBox を詳しく知りたい方は、「いまさら聞けない!Virtualboxとは何か?基礎の基礎を解説!」をご覧ください。

Vagrant をインストール

Vagrant にアクセスして、ファイルをダウンロード。

Vagrant について良く知らない人は、「Vagrant + VirtualBoxでWindows上に開発環境をサクッと構築する 」を読んでおきましょう。

Vagrant も基本的には、インストール時の設定は、デフォルトのまま OK。

Laravel Homestead 環境構築のセットアップ

Homestead について、詳しく知りたい方は、「Windows10 で Laravel Homestead 環境構築 」をご覧ください。

homestead で使う仮想環境(box ファイル)をつくる

Git Bash 起動

「Git Bash」を起動。

$ cd c:

$ vagrant box add laravel/homestead

マシンスペックにもよると思うけど、結構、時間がかかります(私は、5分ぐらいかかりました)

途中で、どのツールで動かすか聞かれるので「virtualbox(3)」を選択。

homestead の git レポジトリを作成

Homestead というフォルダー名で、homestead の git レポジトリを作成する。

その後、初期化を行う。

$ git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead

$ cd Homestead

$ ./init.sh

Homestead の設定

C:\Homestead\Homestead.yaml を修正します。

改修前

folders:
    - map: ~/code
      to: /home/vagrant/code

sites:
    - map: homestead.app
      to: /home/vagrant/code/public

改修後

folders:
    - map: C:\laravel
      to: /home/vagrant/code/laravel

sites:
    - map: laravel.test
      to: /home/vagrant/code/laravel/public

folders はローカルと、vagrant 上で、同期をとるためのマッピング。

sites は、url と公開フォルダのマッピング

laravel は私が勝手につけた名前なので、適宜、読み替えて、ディレクトリを作成しておいてください。

「sites – map」の拡張子は、test にしてください。

「app」のままだと、画面にアクセスした際に、https にリダイレクトされ、画面が表示されません。

Host の設定

公開鍵・秘密鍵の作成

$ mkdir ~/.ssh

$ cd ~/.ssh

ssh-keygen -t rsa

パスワードなどの入力を求められるが、全て未入力で OK!

vagrant の起動

$ cd c:Homestead

$ vagrant box update

$ vagrant up

vagrant を最新の状態にしてから、起動させます。

立ち上がるまでに、5分程度、時間がかかります。

ちなみに、私は、ここで文字コード関連のエラーが発生しました。

原因は、一番最初に、Windows ログインした時に、Windows アカウントでログインし、ユーザー名が日本語になっていたためです。

なので、以下の記事を参考に、ユーザー名を変更しました。(手順2)

Windows10のユーザーフォルダ名変更 - Qiita
Windowsでプログラミングするときにうんざりするものの一つに、文字コード(テキストエンコーディング)があるとおもいます。 Windows10にアップグレードしてBash on ubuntu on Windows(以下BoW)もでき...

Laravel Project の作成

$ vagrant ssh

$ composer self-update

$ cd code/

$ composer create-project laravel/laravel laravel --prefer-dist

これで、http://laravel.test にアクセスすれば、以下のような Laravel の TOP 画面が表示されます。

Laravel - PHP フレームワーク

[ErrorException]
mkdir(): Permission denied

と表示された方は、「Homestead の設定」の際に、ディレクトリが作成していないのが原因です。

ディレクトリを作成して、以下のコマンドを実行してください。

$ vagrant up --provision

「vagrant reload」ではありませんので、注意してください。

もし「No input file specified.」が表示されたら

hosts ファイルか、Homestead.yaml の指定方法が間違っていないか確認してください。

修正後、以下のコマンドを実行してください。

$ vagrant up --provision

「vagrant reload」ではありませんので、注意してください。


コメント